バラの施肥は、1~2月と5月と8月の年3回です。

と、いきなり結論を書きましたが、みなさんバラを栽培されたことはありますか?

バラはバラ科・バラ属の総称で、園芸などでお馴染みの花です。ここではバラとその肥料について紹介します。

スポンサーリンク

バラの季節と肥料について

バラの施肥は、年3回が基準となります。

冬の「寒肥」、花が咲いた後に施す「お礼肥(おれいごえ)」、そして秋の開花のために施す夏の「追い肥」です。

寒肥

1月~2月に元肥として有機肥料を、1株につき400グラム、株元から30センチ離して深さ10センチほどの土に混ぜこみます。

お礼肥

5月の一番花が咲いたのち、すぐに施します。

四季咲きのバラでは、一番重要な施肥です。

夏の追い肥

8月の中旬から下旬にかけて、秋の開花に向けて四季咲きのバラに施します。

週に1回、即効性の液肥を500から1000倍に薄めて施します。

 

夏の剪定の1週間ぐらい前から施すとよいでしょう。

切り戻したところからの芽も順調に芽吹くはずです。

 

バラは、10月にいったん肥料を抜きます。

肥料をやり続けて、開花の時期まで肥料が効いている状態にすると、花の質が悪くなるからです。また、株が冬の休眠期に入れなくなります。

 

10月の1ヶ月間は、肥料を施さないようにしましょう。

11月中旬~下旬は、秋の花が終わる時期です。

木を充実させるために、カリ分の多い肥料を施します。

バラの生態

バラは、バラ科・バラ属のうち、特に園芸種(園芸バラ・栽培バラ)を総称します。

バラ属の成形は、灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘を持つものが多いです。

バラの葉は1回奇数羽状複葉です。花は5枚の花びらと多数の雄蘂を持ちます。

ただし、園芸種では大部分が八重咲きです。

 

バラは、北半球の温帯域に広く自生しています。

チベット周辺、中国の雲南省からミャンマーにかけてが主産地で、ここから中近東、ヨーロッパへ、また極東から北アメリカへと伝播しました。

スポンサーリンク

ちなみに、南半球にバラは自生していません。

バラのその他雑学 その1

バラが人類の歴史に初めて登場するのは、古代バビロニアの『ギルガメシュ叙事詩』です。この詩のなかには、バラの棘についての記述があります。

古代ギリシア・ローマでは、バラは愛の女神アプロディテもしくはウェヌス(ヴィーナス)と関係づけられました。

また、バラは香りを愛好され、香油も作られました。

プトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラは、バラを愛好し、ユリウス・カエサルを歓待したときも、バラの花や香油をふんだんに使用したと伝えられています。

 

バラの香油は、ローマでも愛好されました。

北アフリカや中近東の属州では、さかんにバラの栽培が行われた。

 

バラを愛した人物は、クレオパトラのほかには、第5代ローマ皇帝のネロがいます。

ネロがお気に入りの貴族たちを招いて開いた宴会では、庭園の池にバラが浮かべられました。それだけでなく、バラ水が噴き出す噴水があり、部屋はもちろんバラで飾られました。

ネロが合図をすると天井からバラが降り注ぎ、料理にももちろんバラの花が使われていたと伝えられています。

バラのその他雑学 その2

「ばら」の名は、和語で「いばら」の転訛したものです。

通常は、漢語「薔薇」の字をあてますが、この語はまた音読みで「そうび」「しょうび」とも読みます。

 

漢語には「マイ瑰」(まいかい)や「月季」(げっき)の異称もあります。

ちなみに「マイ瑰」は、中国語で「ハマナス」のことです。

 

ヨーロッパの各種言語では、ラテン語の「rosa」に由来するものが多いです。

また、同じ語が別義として「ピンク色」の意味をもつことも多いです。

バラのまとめ

以上、バラと肥料についていかがでしたか?

バラの歴史は非常に古く、さまざまな地域と人々によって栽培されてきました。

そのお陰で、今では最適な施肥の時期まで分かっています。

 

バラは手間のかかる花ですが、その分、美しい花を咲かせます。

もしこの記事を読んで興味をもったなら、ぜひ、園芸に挑戦してみてください。

(ライター ジュン)

スポンサーリンク