スパイスやハーブで使われている「フェンネル」

世界各国の料理で使われています。

スポンサーリンク

日本でも購入することができ、魚の臭みを消してくれるので”魚のハーブ”と呼ばれています。

そんなフェンネルですが、どんな味がするのでしょうか?

フェンネルとは?

「フェンネル(Fennel)」はセリ科の多年草です。

フェネルとも呼ばれることもあります。

フェンネルは地中海沿岸が原産ですが、主産地はインドや中国、エジプトです。

日本では長野、岩手、富山県などで栽培されています。

 

フェンネルは1~2メートルの長さに成長します。

6~8月の夏頃には、黄色い花を咲かせます。

 

フェンネルは綺麗な黄緑色をした細い糸のような葉をつけます。

この葉はスパイスなどに使われて、食することができます。

秋になると大きさが7ミリほどの茶色い楕円形をした種子ができます。

この種子を「フェンネルシード」と呼び、ハーブなどに使われていて、食することができます。

フェンネルには白い茎の部分があり、「フィノッキオ(finocchio)」と呼ばれていて、食べることができます。

フェンネルの効能

フェンネルは消化促進の手助けをしてくれます。

胃やお腹に溜まったガスを除いてくれ、便秘にも効果があります。

 

また、フェンネルには利尿作用があるので、手や足などの身体のむくみやを和らげてくれます。

スポンサーリンク

フェンネルの発汗作用と食欲を抑えてくれる効果でダイエットをしている方にもおすすめです。

 

その他、眼精疲労や視力回復などの効果もあります。

フェンネルシードを噛むと、お口が爽やかになるので、口臭予防の効果もあります。

 

フェンネルシードを砂糖でコーティングしたものは、お口直しとしてインドの料理店でレジの横などに置かれていたりするんですよ。

フェンネルをハーブティーにして飲むと、身体の調子を整えてくれ、独特の香りにも癒されることができます。

フェンネルの味

フェンネルを嗅いでみると、独特な甘い香りがします。

その甘い香りは食べても感じられます。

 

ほんのり甘くてすっきりとした味がします。

フィノッキオはセロリに似たような味がします。

 

セロリがハーブになったような味です。

食感はカブに似ています。

 

生でも煮込んでも食べられます。

乾燥させた種子のフェンネルシードは、甘い香りのなかに少し苦味があります。

お口の中を爽やかにしてくれるんですよ。

フェンネルを使ったおすすめの料理

フェンネルを使ったおすすめのお料理をいくつかご紹介します。

フェンネルは別名”魚のハーブ”と言われているので、やっぱり一番おすすめしたいのは「魚料理」です。

 

魚の臭みを取り除き、ハーブで美味しく包んでくれます。

魚料理は、フェンネルパウダーを振り掛けるだけで、とても美味しくなります。

 

カルパッチョやサーモンのソテーなどとの相性が抜群です。

白身魚のホイル焼きにフィノッキオを入れても最高です。

 

肉料理であれば、鶏肉のオーブン焼きにはフェンネルのシードや葉、ステーキにはフェンネルパウダーをかけるとより美味しくなります。

野菜料理では、グリーンサラダにフェンネルパウダーをかけたり、フィノッキオをスライスしてサラダに混ぜたりもできます。

 

その他には、魚介のスープにもフィノッキオはおすすめです。

カレーにスパイスとして入れるのもGOOD

フォカッチャやクッキーなどの生地に混ぜ込んでもOKですよ。

フェンネルについてのまとめ

フェンネルについてご紹介してきましたがいかがでしたか?

フェンネルは種子も葉も茎も食することができます。

 

フェンネルはさっぱりとしていて、ほんのり甘みのある特徴的な味です。

料理にフェンネルを使うと、いつもの料理がワンランクUPすること間違いありません。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク