おしゃべりがとっても上手な「インコ」

毎日の挨拶に始まり、話し相手にもなってくれます。

時には面白いことを言ったりして、飼い主さんを楽しませてくれます。

スポンサーリンク

 

とても記憶力の良いインコですが、インコの知能とは一体どれぐらいあるのでしょうか?

インコの知能と生態について調べてみました。

インコの生態

インコは約330種類いると言われているインコ科の鳥です。

人気があるインコの種類は、「セキセイインコ」「ヨウム」「コザクラインコ」「コンゴウインコ」「オカメインコ」などです。

インコの種類によって変わりますが、体長は約15~40センチ、体重約50~300グラムです。

インコは基本的に種子を食べますが、花の蜜も食べるのですよ。

 

インコの種類によっては葉っぱや昆虫を食べるインコもいます。

インコはカラフルな羽毛をしているのが特徴で、種類によって色々なカラーがあり、とても綺麗です。

 

インコの種類によっては、頭に鶏のトサカのような羽毛を持っているインコもいたりします。

インコの頭から臭うニオイを「インコ臭」と言います。

 

鼻を塞ぐようなくさいニオイではなく、インコ独特のニオイがします。

インコのほとんどは一夫一婦で、木に巣を作ります。

インコの寿命は種類によって変わりますが、だいたい7~15年だと言われています。

インコは人の見分けができる!

インコは人を見分けられると言われています。

自分と一緒に生活している家族と、遊びに来た友達を区別することができます。

 

見た目と声で人を見分けているそうです。

インコは家族の中で自分の世話をしてくれる人、遊んでくれる人、可愛がってくれる人をきちんと解っています。

インコがしゃべるのは何故?

インコの最大の魅力は言葉をしゃべることではないでしょうか。

インコに言葉を教えると言葉をしゃべるようになり、声のものまねもできるようになります。

スポンサーリンク

 

100語以上言葉を覚えたインコもいるそうです。

「おはよー」や「ただいまー」などの挨拶や、飼い主さんの笑い声、その他にも電話のベルの音を真似したりします。

 

インコは上手に会話するので、人の言葉を理解しているように感じます。

ですが、インコは人の言葉の意味が解っているのではありません。

教えられたことをしているだけです。

 

インコのなかでは、「この場面でこの音を出せば良いことをしたので褒めてもらえる」と思っているのです。

例えるならば、「電話が鳴って”もしもし~”と言ったら、おやつを貰えて褒められる」という感じです。

インコのコミュニケーション方法は「声」ですので、インコがしゃべるということは、声を出して飼い主さんとコミュニケーションをとっているということになります。

インコの知能

鳥類のなかで一番知能があると言われているのはカラスですが、インコはそのカラスの次に頭がいいと言われています。

ちなみにインコのなかの「ヨウム」は人間の5歳児の知能と2歳児の感情を持っていると言われているのですよ。

 

インコの学習能力も素晴らしく、飼育の場合にはきちんとしつけることができます。

良いことは進んで行い、悪いことはしなくなります。

 

大型のインコならば、朝、新聞を取ってくることを覚えさせることもできるんですよ。

インコは知能が高いので、飼い主さんの気持ちもわかっています。

寂しいとき、嬉しいとき、楽しいとき、悲しいとき・・・インコはいつも飼い主さんの傍にいますよ。

インコについてまとめ

インコについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

インコは鳥のなかでカラスの次に知能があって、言葉を覚えることなどの学習能力があることがわかりました。

 

インコは突然妙な言葉を発して驚かせてくれたり、変なことをして笑わせてくれたりします。

毎日一緒にいて飽きません。

むしろ、刺激的な毎日を一緒に過ごすことができ、あなたを笑顔にしてくれます。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク