海のスターとも言われるヒトデ。

星形は海の中でもとても目を惹く存在です。

ほとんど動かず、岩に張り付いてじっとしているように見えるヒトデですが、彼らに天敵はいるのでしょうか?

スポンサーリンク

ヒトデの特徴と生態

ヒトデは棘皮動物門ヒトデ鋼、クモヒトデ鋼などのいくつかの絶滅鋼からなる生物です。

ウニやナマコなどがヒトデの仲間に入ります。

今から5億年前に出現したと言われ、世界には約2000種、日本には約300種類が生息しており、私たちが良く見かける浅瀬にいるヒトデでだけでも約100種類いると言われています。

星形をした生物で、名前も人の手をしているところから名づけられています。

 

星形部分は腕で、通常は5本、それ以上の腕を持っているものもいて、腕を使って自由に移動することが出来ます。

腹側中央に口があり、肉食で貝や死んだ魚などを食べます。

 

自切や分裂する種類がいたり、切除部分を再生する能力があるものもいるので、その形は時に5本以上になっていたり、逆に以下だったりもします。

背面は多数のコブ状や針状の突起が一面に並んだ丈夫な皮膚で覆われていて、皮膚の下には多数の石灰質の内骨格があります。

 

消化管は下面の中央の口から上に向かって伸びていて、胃を通過して上面中央部に開いている肛門へ続きます。

胃は大きく2つに分かれていて、最初の噴門部は大きくて、筋肉質でよく伸び縮みします。

 

食性は雑食で、海の中のものをほとんど食べます。死んだ魚の死骸などを食べることもあります。

繁殖方法は4つあり、種類によって繁殖方法が変わります。

 

雌雄異体の個体は、まずメスが海中に産卵し、オスが放精するという基本的な体外受精を行います。

雌雄同体のものは自家受精します。

 

メスしか存在しない種類では未受精卵から新個体が発生しますし、分裂や自切行為によって子孫を増やすものもいます。

スポンサーリンク

産卵後も産みっぱなしのタイプや卵を体で覆って保護するタイプ、卵を背中に背負うタイプ、育児嚢を持つタイプなど、こちらも種類によって実に様々です。

 

孵化した幼生はプランクトンとなって生活します。

幼生は左右対称で、体表面に繊毛帯を持って移動し、その繊毛部分が変化して徐々にヒトデらしい姿になっていきます。

種類によっては直接幼体になったり、親の身体で子供が育つ場合もあります。

ヒトデと人間の関係

ヒトデは体内にカドミウムや鉛などの重金属を多く含むことがあり、基本的には食用に適しません。

カキ、ホタテ、アサリ、ウニ、アワビなどの稚貝を捕食するほか、漁業用の置きえさにたかったりもするので、漁業の分野では厄介者にされています。

 

大量発生することもあり、駆除や捕獲して埋め立て、あるいは堆肥化などして処分されることもあります。

一部の地域ではヒトデを乾燥し粉砕したものを虫の忌避剤件肥料として利用しているところもあります。

漢方の分野でヒトデに含まれるサポニンなどの物質に滋養強壮があるとされ、利用される他、ステロイドサポニンを利用した有益な役性については臨床研究も行われています。

ヒトデの天敵

ヒトデの天敵はホラガイやフリソデエビ、メガネモチウオなどで、数種類の魚類がヒトデを食べることが知られています。

栄養価が低く、サポニンという物質を含んでいる種類は敵を寄せ付けない抗菌性や微毒性があり、ほとんど天敵はいません。

ヒトデの生態と天敵

ヒトデは棘皮動物門ヒトデ鋼、クモヒトデ鋼などのいくつかの絶滅鋼からなる生物。

今から5億年前に出現したと言われている。

 

世界には約2000種、日本には約300種類が生息している。

浅瀬にいるヒトデでだけでも約100種類ほどが存在する。

 

繁殖や育児方法は種類によって実に多様で自切などにより子孫を増やす種類もある。

ヒトデの天敵はホラガイやフリソデエビ、メガネモチウオなど。

サポニンを多く含んでいる種類は抗菌性や微毒性があるので、ほとんど敵はいないと言われている。

(ライター ナオ)

スポンサーリンク