近年、ワニが人間を襲う事件がたくさん起こっていますが、人間を襲って食べる”人食いワニ”として有名な「イリエワニ」。

日本にもイリエワニはいるのでしょうか?イリエワニには天敵はいないのでしょうか?

イリエワニについて色々調べてみました。

スポンサーリンク

イリエワニって?

「イリエワニ(入江鰐)Saltwater Crocodile」は、クロコダイル属のワニです。

入江(イリエ)や三角州のマングローブ林が好きなので、そこで生活していることが和名の由来です。

イリエワニは海を泳ぐことができるので英名での名前は”塩水のワニ”という意味があります。

インドやフィリピン、オーストラリアなど、インド洋、東南アジア、太平洋の沿岸地域などに生息しています。

実は日本にもイリエワニが!

 

東京の八丈島や鹿児島の奄美大島、沖縄の西表島でイリエワニの死骸が見つかったとの報告があります。

昔日本にもイリエワニが生息していたのではないかという話も残っています。

イリエワニの生態

イリエワニは世界で一番大きなワニとされています。

イリエワニの平均体長は5~6メートル、体重は大体200~1000キロぐらいだと言われています。

オスよりメスのほうが小さくて、メスの体重は重くても100キロぐらいです。

 

イリエワニの最も大きなサイズは全長8.5メートルを越えているそうです。

体の色は緑褐色で、大きな口には鋭くて大きな歯が生えています。

イリエワニの噛む力はとても強く、動物界最大です。

 

全長4.5メートルのイリエワニで16.000N以上の噛む力があるそうです。

イリエワニは魚や鳥、哺乳類などを食べる動物食性です。

 

猿や猪、牛や山羊、水牛や鮫など口に挟むことができるものは何でも食べます。

基本的にワニは川や池などに生息しているのですが、イリエワニは海を泳ぐことが出来ます。

スポンサーリンク

海を泳いで移動したりもするんですよ。

 

イリエワニは直径8センチぐらいの卵を60個ぐらい産みます。

イリエワニは寿命も長く、野生で70年ほど生きることができます。

人食いイリエワニ

イリエワニは賢くて凶暴な性格です。

獲物を見つけると、獲物に食いつき、水の中に引きずり込んで獲物を溺れさせ、食べます。

 

イリエワニからしたら人間はちょうど良い獲物なのです。

太平洋戦争中、ミャンマーのラムリー島で千人もの数の日本兵が、イリエワニに襲われ食べられたという話は有名です。

 

2011年、フィリピンで12歳の子どもと農民が全長6メートル程のイリエワニに襲われ食べられました。

このときのイリエワニには「ロロン」と名前が付けられ、捕獲された世界最大のワニとしてギネスに載っています。

近年では2017年、オーストラリアで全長3メートル程のイリエワニに男性が襲われて死亡しています。

イリエワニの天敵

人間を食べてしまうぐらいですから、イリエワニはとっても強いのです。

イリエワニよりも大きなカバやトラがイリエワニと戦って勝つことがあります。

 

ですが、イリエワニには実質これという天敵はいないようです。

あえて天敵をあげるならば、弱肉強食世界でイリエワニと戦い、イリエワニに勝った動物です。

また、イリエワニの卵は鳥や大きな魚に食べられることがあるので、イリエワニが孵化する前の卵の時は鳥や大きな魚が天敵になるのではないでしょうか。

イリエワニについて まとめ

イリエワニについてご紹介してきましたがいかがでしたか?

イリエワニは人間を襲う人食いワニとして有名で、生きる恐竜のようです。

イリエワニには天敵がいないので、最強のワニといっても過言ではありません。

 

日本でもイリエワニを見かけたとの報告がありますが、死骸だったようです。

ですがイリエワニが日本に生息していたという話もあります。

地球の気候も年々変わってきているので、イリエワニが海を泳いで日本にたどり付くことがあるかもしれません。

注意しなければなりませんね。

(ライター 雲呑)

スポンサーリンク